記事一覧

モンブラン【2021 新作】ふたつのフェイスを切り替える「モンブラン スターレガシー メタモルフォシス リミテッドエディション8」

モンブランは新作「モンブラン スターレガシー メタモルフォシス リミテッドエディション」を発表し、世界限定8本のみが販売される。ダイアルにシャッター機構を備え、ふたつの異なるフェイスを切り替えて表示することが可能だ。



モンブラン「モンブラン スターレガシー メタモルフォシス リミテッドエディション8」
手巻き(Cal.MB M67.60)。61石。1万8800振動/時。パワーリザーブ約50時間。18KWG(直径50mm、厚さ18.9mm)。30m防水。世界限定8本。参考価格25万ユーロ(税込み)。2021年5月発売予定。


“変身”するダイアル
モンブランはWatches & Wonders 2021の新作として、輝くブルーカラーをまとう「モンブラン スターレガシー メタモルフォシス リミテッドエディション」を発表した。topkopi.comこのモデルは19年のSIHHで初披露され、グレーのダイアルを採用した同型機が8本限定で販売されたが、バリエーションを追加した今年はネイビーブルーのダイアルを備え、前作同様8本限定で販売される。

本作のベースとなった「メタモルフォシス」は2010年に発表され、5年間もの技術開発期間を経て開発した、特殊機構を備えるモデルだ。特徴的なティアドロップケースに収められたダイアルの一部がシャッターになっており、ケースサイドのレバーをスライドさせることで、通常の時間表示からクロノグラフへと変身を遂げるのだ。この類を見ない機構は、06年にモンブランが吸収したマニュファクチュールであるミネルバが持つ技術力とともに開発され、現在においても進化を続けているのである。

 19年に初披露された、グレーダイアルの同型機である「モンブラン スターレガシー メタモルフォシス リミテッドエディション8」では、メタモルフォシスから更なる進化を遂げた。プロトタイプの製造に計り知れないほどの時間を費やし、718個ものパーツから成る自社製ムーブメントMB M67.60を完成させたのだ。ふたつのフェイスを切り替える際に連動する部品の数は320以上で、ミニッツリピーターのメカニズムに類似したケースサイドのレバーによって操作させる。



固定部品と可動式のシャッターで構成されており、ユーザーの任意で選択したフェイスを開閉することが可能。デイトナ スーパー コピーシャッターが閉じている状態では、24時間スケールとデイ&ナイト表示に囲まれたドーム型の北半球が回転し、6時位置で第2時間帯を表示する。12時位置では、ブルーのヒゲゼンマイと18本のチラネジを備えたテンワが、1万8000振動/時というロービートで時を刻んでいる。



シャッターが開いた状態では、12時位置のテンワが、同社が特許を取得している「エグゾトゥールビヨン」として真の姿を現す。太陽を模した独自の機構を持つトゥールビヨンは、透明なサファイアクリスタル製のブリッジに支えられているため、機構を遮ることなく鑑賞できるのだ。また6時位置には、アベンチュリンを背景にした立体的な月が現れる。これは、地球を公転する実際の月と同じように回転するというもので、122年に1日の誤差しか生じない高精度を誇る。一方で時分針と6時位置の地球は、フェイスに関係なく動作する。ロレックス腕時計ラクマ操作性はシンプルで、ムーンフェイズ以外の調整はリュウズ操作のみで完結する。
 本作のダイアルは、アベンチュリンディスクの星空と相性の良いネイビーブルーが採用された。ロジウムコーティングを施したアラビア数字が植えられ、中央部のギヨシェパターンがダイアルに表情を与えている。

ロレックス Ref.116520黒文字盤


2000年ロレックス社の悲願であった完全自社製クロノグラフ・ムーブメントを搭載し、完全マニュファクチュール化を果たしたデイトナ。
基本デザインは、ロレックス腕時計 中古前モデル Ref.16520 のデザインを受け継ぎながらも搭載ムーブメント変更に伴うインダイヤルのレイアウト変更やインデックスの大型化など細部のブラッシュアップがされている。

搭載されるムーブメントはCal.4130。

高い伝達効率により72時間のパワーリザーブを誇り、デビュー時より耐磁性に優れるパラクロム製ヒゲゼンマイが採用されるなど高い耐久性と精度を実現しています!

トケマーにてcheck!

¥1,980,000
商品ランク中古A
型番116520
文字盤黒
ムーブメント自動巻
ケースサイズ40mm
ベルト内周約18 5cm
素材ステンレススティール
付属品箱 ・保証書 正規:2007年8月印 ・冊子 ・クロノメータータグ保証期間当店保証12か月状態・2016年に生産終了となったデイトナRef 116520 黒文字盤が入荷致しました。保証書の日付は2007年8月印となっており、バックルは旧タイプです。

デザイン。



付属品。

箱に保証書が付いてしかも、しかも正規品です!
やっぱりデイトナ はRef.116520という方。
超オススメです!
全く衰えを感じさせないデイトナ 。
早く検討しないと極上品が国内からどんどん減ってしまうかも?
下記のリンクもクリックお願い致します!

NATO軍は間違い!? オメガが語る「NATOストラップ」のホントの起源

例えば「クロノグラフ」や「三針」や「ムーンフェイズ」など、腕時計を語るときによく使われる専門用語。

その中でも登場回数が多いのは「NATOストラップ」ではないか。


オメガのスピードマスターに組み合わされたNATOストラップ。同じ時計でも、メタルストラップとは全く違った表情を見せてくれる。
「それくらい知ってるよ。もともとNATO軍が使っていたストラップでしょ」と思ったあなた。それ、間違ってます!

実はNATOストラップの起源は、NATO軍そのものではないという。

それを教えてくれたのは、世界的時計ブランド、オメガ。どういうことか、聞いてみよう。

そもそもの起源は英国軍
オメガのNATOストラップは、第二次世界大戦中に英国のパイロットや航海士、そして軍人が使用していたレザーやキャンバス製のストラップを起源とするという。

1940年代当時、英軍に供給されたオメガ製時計。
第二次世界大戦末期、英国防衛省は現在でも知られている防水腕時計の規定を制定し、オメガはこの規定を満たす膨大な数の時計を納品していた。

戦後の1948年からは、英国軍の新しい腕時計について協議が始まり、やがて耐磁性、防水性、耐衝撃性などの条件に加え、初めてストラップの製造方法についても詳細に決められた規定が定められた。

そして1950年代初頭、この規定を満たした腕時計の注文を初めて受けたのが、オメガだった。

どんな手首にもフィットする37.5mm


ホワイトゴールドのケースと深いブルーを採用した瑞々しい印象は、奇をてらうことなく個性を演出できるパテック フィリップならではの手腕だ。WGケース、37.5mm径、自動巻き、507万円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン 03-3255-8109)
パテック フィリップ カラトラバ・パイロット・トラベルタイム Ref.7234

200種類以上にも及ぶパテック フィリップの現行コレクションのなかでも異彩を放つ「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」。

2015年、前身であるRef.5524の発表当時、一見すると「これがパテック フィリップの時計なのか?」と疑問が浮かぶ独創的なスタイリングは、世界中の時計関係者の間で多くの議論を巻き起こした。

レトロな顔立ちとは裏腹に、Ref.5524は最新のデュアル・タイムゾーン機構を搭載し、特許取得のシステムによる2個のプッシュボタンの操作によって、現地時刻表示の時針を1時間単位で前進・後退することができる優れた機能を備えている。

続いて、2018年に登場した後継モデルでパテック フィリップは、前述したRef.5524のルックスやスペックはそのままに、ケース径を42mmから37.5mmまでサイズダウンするという離れ業をやってのけた。

ここで行われた小径化とは、「どんな手首にフィットするミディアムサイズの提案」という意図に基づくもので、シェアウォッチのトレンドを先取りしていたことが見て取れる。



SSケース、35mm径、自動巻き、65万5000円/カルティエ 0120-301-757 © Cartier
カルティエ パシャ ドゥ カルティエ

2020年、待望の復活を遂げたパシャ ドゥ カルティエ。そのルーツは、1943年にモロッコの中央部の都市マラケシュの太守(パシャ)に納めた防水時計にあると言われている。

カルティエはこの時計を再解釈したパシャ ドゥ カルティエを1985年に発表。そして今回新たに生まれ変わったパシャ ドゥ カルティエは、過去の栄光にすがることなく、未来へと前進する姿勢が随所に表れている。

プレシャスなリュウズ、最先端の技術を導入したインターチェンジャブル ブレスレット、優れた耐磁性能、安心感ある100mの防水性などがそれに当たる。

豊富なバリエーションがあるなかで、ここではステンレスケースの35mm径をオススメしたい。

防水時計を出自に持つボリュームのあるケースデザインであるため、実際のサイズ以上に大きく見えるので男性でも違和感なく着用できる。



使いやすさを重視するならブレスレットのタイプを選ぶのが正解だろう。付属するブルーのアリゲーターストラップに付け替えるとドレッシーなスタイルに様変わりする。

優雅なフォルムが生む、数字では測りきれない絶妙なサイズ感の魅力。稀代のジュエラーであり、1世紀以上前から時計製造に多くの関心を寄せてきたカルティエだからこそなせるワザである。


【関連記事】​​​​​​​: 2021ファッション人気腕時計情報