記事一覧

2021新作 パネライの洗練とスポーティさを絶妙なバランスで組み合わせた、新しいブレスレットデザイン。パネライ「サブマーシブル ブルーノッテ」


パネライ サブマーシブル 42mmウォッチ、初めてのメタルブレスレットです。歴史的なパネライのアイコンであり、すぐに認識できるリュウズプロテクターは、ブレスレットのデザインに影響を与えました。パネライ 時計 レディースもともとリュウズとの偶発的な接触を防ぎ、耐水性を確保するために発明されたデバイスのモチーフが、ブレスレットの各リンクにあしらわれていて、ポリッシュ仕上げとブラッシュ仕上げの組み合わせがアクセントになっています。そしてその最高のエレガンスは、優雅で軽量なデザインの快適な着用感と調和し、リラックスした時間からフォーマルな場まで、どんなシーンにも合います。

 特許取得済みのパネライ インターチェンジャブルストラップシステムで、気分転換にお好みのストラップとブレスレットを簡単に交換することができます。時計のボックスに一緒に収められたツールで、ラグの後ろにあるボタンを押し、ブレスレットをリリースします。サブマーシブル ブルーノッテの外観を簡単に変更できるので、柔軟で多様な時計のワードローブの基盤となるでしょう。



審美的な純粋さは、サブマーシブル ブルーノッテのあらゆる機能性と融合します。ホワイトのスーパールミノヴァ™で満たされた針、ドット、インデックスを備えたサテンソレイユ仕上げのブルー文字盤は、輝きと活力に満ちた光を反射します。そして、同色のディープブルーセラミックディスクがあしらわれたスティール製逆回転防止ベゼルが組み合わされています。これは、潜水経過時間を計算するためのツールです。

 パネライのポートフォリオの中で最もスリムなムーブメントの1つであるP.900キャリバーが、サブマーシ ブル ブルーノッテの無駄のない洗練されたプロポーションをもつ42㎜ケースにふさわしく、搭載されています。ヌーシャテルのパネライ マニュファクチュールによって設計・開発・製造された自動巻きムーブメントは3日間のパワーリザーブ機能を備えています。

 最も困難な環境でも立ち向かえるサブマーシブル ブルーノッテの防水機能は、最大30気圧(水深約300m)です。

 スティールブレスレットに加えて、スペアとしてブルーのステッチ入り、ベルクロクロージャーのブラックスポーテック™ストラップが付属しています。ストラップ交換のためのドライバーと一緒に、再生プラスティック製ボックスに収められています。


【おすすめの関連記事】:http://chumphon1.top

ルミノックス(LUMINOX)最新のデザインを取り入れ開放感あふれるへ一新


アメリカ軍が定める基準をクリアした、ハイスペックなミリタリーウォッチです。ケースの素材には軽量かつ頑丈なカーボンを採用。リューズはカバーでしっかりと補強されています。

防水性能が高く、水仕事の際にも装着できるのが魅力。アウトドアやレジャーで活躍する腕時計を探している方におすすめです。自己発光型のイルミネーションシステムを搭載しており、暗い場所での視認性に優れています。



素材にハイポリッシュステンレスを採用した、重厚感のある「逆回転防止ベゼル」が目を引くミリタリーウォッチ。カジュアルなナイロンベルトを合わせて、バランスをとっています。

ポイントカラーのレッドを配した秒針がデザインのアクセント。日常生活用強化防水仕様で、アウトドアを含めた幅広いシーンで活躍するアイテムです。



ウミガメの甲羅を思わせる、特徴的な形状のベゼルを採用したミリタリーウォッチ。強度とシンプルな操作性を両立させているため、使い勝手に優れています。

薄型のケースにラバーベルトを合わせており、装着感のよさを重視する方におすすめ。文字盤・ケース・ベルトのカラーリングはオールブラックで、ミニマルなデザインが魅力です。

【関連記事】:http://missyans.top/

ツウも唸る進化を遂げたタグ・ホイヤーとロレックスの2トップ

名作の条件に「不変性」をあげることができる。ただ、デザインの変化を受け入れることで、新たな名作としてより輝きを増すこともある。

図らずもこの2つの名作時計が今、それを体現してくれている。

タグ・ホイヤーのモナコ



カーボンケース、縦39×横39mm、自動巻き。87万円[予価]/タグ・ホイヤー 03-5635-7054
唐突だが、バンフォード ウォッチ デパートメントをご存じだろうか。オメガ時計 アンティークイギリスを拠点とする高級時計のパーソナライズカンパニーで、時計ツウの間ではつとに有名。高い技術と先端的なセンスで、未来的な仕上げをしてくれるレアな存在なのだ。

それが今年、タグ・ホイヤーとコラボレート。モデルに選ばれたのは角形の名機、モナコである。マーブル調のカーボンケースを纏ったオールブラックの佇まいに、アクアブルーのクロノグラフカウンターがクールな世界観を見事に表現する。

そして改めて感服するのは、デザインに手が加わってなお輝きを増す、モナコの器の広さ。これぞ名作の証しといえるのでは? 世界限定500本。



SS×K18エバーローズゴールドケース、40mm径、自動巻き。134万円/ロレックス(日本ロレックス 03-3216-5671)
マイナーチェンジを繰り返し、ひとつのモデルの熟成を続ける姿。そこには、完成度を極めつつ技術革新を迷いなく追加するロレックスの堅実さと自信がうかがえる。

最新「GMTマスターII」とて同じ。新キャリバーの搭載だけでなく、外装も進化を続けている。

同モデルはこれまで、ベゼルの配色にちなむ愛称がつくほど熱烈なファンを獲得してきたが、今回のエバーローズゴールドとSSのコンビモデルにはシリーズ初となるブラウンのセラクロムを採用。

ブラックのセラクロムベゼルとブラックラッカー文字盤からなる配色は、大人の余裕を感じるモダンクラシックな佇まい。ブランド パロディツウなファンにはかなりササる1本かと。

変化を恐れず進化する2つの名作。だからこそ“ツウ”な人間からも愛されているんだね。

【関連記事】:ミニ財布が人気のCHANEL!なかでもBOY CHANELのシリーズからはニューカラーが続々とお目見え。

揺るがぬ信念を内に秘める。気概ある男の名刺代わりになる腕時計

気概を感じさせるタイムピースは、ドレスやスポーツといった特定のジャンルを問わず派手さも感じさせない。

だが、その内には独創的な機構や先進素材、唯一無二の歴史や哲学などそれぞれエッジーな個性を秘めている。オメガ時計 メンズそんな、奇をてらわずして唯我独尊を行く腕時計を集めてみた。

HUBLOT ウブロ
ビッグ・バン メカ-10 フルマジックゴールド



マジックゴールドケース、45mm径、手巻き。367万円/ウブロ 03-3263-9566
1980年の創業以来、ゴールドケースとラバーストラップなど異素材を融合した独創性を守り続けるウブロ。2005年には“フュージョン”というコンセプトを掲げ、ビッグ・バンを発表。その基本デザインを貫くのが本作だ。

通常の金の2倍以上の硬さを誇る独自開発素材、マジックゴールドの採用や自社ムーブメントの搭載、着脱容易なストラップ機構などさらなる熟成を重ね、完成度と魅力を増した。文字盤の6時位置にはパワーリザーブの残日数表示と、上部ではこれに連動してラックが水平移動し、3時位置のディスク外周の楕円部分が赤く表示されることでパワー残量を示す。世界限定200本。

OMEGA オメガ
スピードマスター ムーンフェイズ クロノグラフ マスター クロノメーター



SS×K18YGケース、44.25mm径、自動巻き。143万円/オメガ 03-5952-4400
昨年に誕生60周年を迎えたスピードマスターは、当初モータースポーツのハイスピード計測を目的に作られた。ベゼルに初めてタキメータースケールを刻んだのもそのためだ。しかしそれ以上に世界にその名を知らしめたのは、1969年に月へ携行された最初の時計であるムーンウォッチとしてだろう。

本モデルは6時位置に10年に1度の調整で済む精緻なムーンフェイズを装備。月のグラフィックはより本物を忠実に再現しており、ルーペで拡大すると宇宙飛行士の足跡まで確認できる遊び心も。

ZENITH ゼニス
デファイ エル・プリメロ 21


ブラックセラミックスケース、44mm径、自動巻き。125万円/ゼニス 03-5524-6420
1969年に誕生したエル・プリメロは、世界初の一体型自動巻きクロノグラフムーブメントであると同時に、毎時3万6000振動を刻み、長年ゼニスの技術力を象徴してきた。

そして新世代エル・プリメロではこの10倍の振動数を達成し、センター秒針で1/100秒を計測可能。通常の時刻計時とは別に、もう一組の脱進機と伝達機構を備えることで実現した。これは、自らの限界への挑戦によって成し遂げた金字塔だ。


【関連記事】:ショッピングを賢くお得に楽しめるブランド通販を要チェック! ご注文で送料無料キャンペーン実施中!!